2006年04月14日

アニメ スナフキンジャック21


 お子様向け→ライトなマンガファン向け→コアなファン向け、と

 段階的発展をとげるという当初の予定どおり、アニメもいよいよ

 最終段階へ突入したのですな。つーことはもうじき放送終了?

 
 オープニングの帽子についてはいまさらどうこう言うまい。

 黒コートにソンブレロで幼女連れの傷男・・・

 どうみても変態です、ありがとうございました。

 まあ大手塚神も自分の作品がこれだけ息子のオモチャになるなら

 本望でしょう。

 これからはオリジナルストーリーが展開されるらしいけど、いちいち

 目くじらたてずに「BJの一解釈」として見てれば面白いんじゃ

 ないかな。

 平日夜のゴールデンでも、やろうと思えばやれるジャン!というのが

 今週の回を見た正直な感想。でもそれだったら深夜枠で多少ハードな

 表現も許される時間帯で血や内臓や無頭児を見たいなあ・・・

 そういう方向にいけるかどうかは視聴率しだいだろうね。

 来週もちゃんと見よう。
posted by 望二花 at 13:56| Comment(0) | TrackBack(4) | 日記:BJ関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月15日

アニメBJ 人面疽の本音


 きょうはちゃんとテレビの前に正座して見た。つまんなかった。終わり。

 で済んでしまうデキでしたな。写楽が出てくると絶対つまらないの法則が
 
 今週もみごと発動。腰がくだけます。

 NGシーンはBJが包帯の代わりに写楽のバンソーコを取る、と予想しましたが

 ハズレた。ちくそう。

 来週は今週より面白くなってほしいと願うのであった。

 ・・・このblogもサボリぎみだし、他人のことは言えないか。反省するです。

 近日BJと酒について書く!と予告しとこう。めざせ有言実行!
posted by 望二花 at 01:59| Comment(3) | TrackBack(2) | 日記:BJ関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月07日

アニメ ピヨピヨジャック

 今日もみ忘れて、ラスト3分くらいしか見られませんでした。よって無感想・・・
 
 と、いうかこの話の主人公であるコマドリの姿が、まるっきり「マンガの鳥」で

 がっかり。季節的にも物語と現実が重なっていていい感じなのだから、せめて
 
 コマドリの姿だけははリアルに描いてほしかった。そうすればこの小さな

 生き物のけなげさがもっとよく表現できたと思うが。ちなみに本物はこちら

 鮮やかなオレンジ色の胸と、「ヒンカラララ」という澄んだ鳴き声が魅力的らしい。

 実物をみてみたいな。

 コマドリに石を投げる「不良」のイメージがまたもや失笑モンに古めかしい。

 いったいこのアニメの時代設定はいつなんじゃい。

 来週は「人面疽」ですか。殺人嗜好症ってセリフはないだろうけど、毒殺する話

 だったらまたオクラ入りするとこだったろうなあ。BJで毒が出てくるのって

 ピノコが青酸カリを飲んじゃう話と沖縄でハブにかまれた3人を見殺しにする

 話くらいか・・・?来週はちゃんと見よう。と、毎週思ってるんだけど。
posted by 望二花 at 20:34| Comment(2) | TrackBack(5) | 日記:BJ関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月24日

TVアニメ 「文化祭の用心棒」の巻

 ひさびさにアニメ見た。いつもNHKニュース見てて忘れちゃうんだよね。要反省。
 

 原作は新装版7巻「帰ってきたあいつ」。また印象の薄い作品をアニメ化するなあ。

 いくらアニメ組ががんばってみたところで、「不良」のイメージが古臭すぎなのは

 いかんともしがたい。いまどき上着羽織ってクルミをコリコリする悪い奴なんて

 いるぅ?しかもシマシマTシャツをパンツイン!原作原理派の私もちょっと
  
 これには失笑w 時代は変わったのね…。古臭さも手塚アニメの味のうち?

 熟成されたチーズやワインと思えばいいか。

 原作だと女の子から花束をプレゼントされて、それを一本づつ並べるあたりに

 ジョーズのいじらしさが感じられて、ひょっとしたら彼は幸福というものを

 あまり知らない人生を送ってきたのかな、というとこまで連想させるけど

 アニメだとそのへんまったくなし。手塚マンガの芸の細かさに改めて気づく。

 改めついでに原作だとBJが「カッコよく死んでたかい?」とケン一に尋ねる。

 それへの答えは直接表現されてない。BJが「バカだな…あいつ…」と

 つぶやくコマと、ジョーズの死に姿のコマで終わる。「カッコよく生きたいんだ」

 という思いを貫き通したかどうか不明にして読者に判断をまかせたなことで

 物語に余韻が生まれた。手塚神のストーリーテリングの見事さはすごいなあ…

 初めて読んだときは「ジョーズ単純すぎるな」と思ったもんだが

 ジョーズ自身の意思と、それを見る第三者の視点とが交錯して

 「カッコよかったかどうか」に立体感が出てきているのに気づきました。

 まあマンガは何度でも読み直せるし、TVアニメは基本的に

 いったん放送して終わりだから印象深さでは勝負にならないよね。
 

 アニメの背景の商店街に「カレー」の看板が2つも3つもあったような気が…

 BJの住む街だからか?インドのとなりって看板もあったw

 中国で描いてるからミスかな〜と思ったけど故意っぽい。マニアをくすぐるような

 まねはやめて栗、みんなひっかかるんだから。

 

 

 
posted by 望二花 at 22:04| Comment(1) | TrackBack(6) | 日記:BJ関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月10日

再開のお知らせ


 こんにちは、望二花と申します。
 
 旧blog「ブラック・ジャックの電話番号」から引き続いてこちらで
 
 改めて駄文を書きつらねていきたいと思います。

 旧blogは更新さぼりがちでしたが、こっちは真剣にとりかかりますので

 なにとぞご愛顧くださいよのさ。

 ・・・でも今日のアニメ見れなかった!わ〜ん(ノД`)゜。.・
posted by 望二花 at 21:19| Comment(2) | TrackBack(1) | 日記:BJ関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。